1. HOME
  2. ブログ
  3. たゆたう春と桜

たゆたう春と桜

春は揺らぎのある季節で、特に近年は暑くなったり、寒くなったりと、気温や気圧の変動が激しく、なかなかすっきりと変化していかないことから、身体はもとより、心もすっきりとせず、想いがまとまらない時かもしれません。

ですが、私は昔からこの季節が好きです。

少し生温かい風に、たなびく桜の花弁

懐かしい香りと風に揺らぐ魂に、癒されます。

桜の花が大好きなのです。

サロンの空き時間に、時々散歩をしています。

桜の頃は、ちょうど良い気候で、桜の木の下で眠れるくらい心地が良い。

咲き始めの嬉しい頃も

満開の桜も

散っていく桜も…

どの桜も、風情の中にある儚さがまた美しい。

すっきりと変化しない、たゆたう季節の中で、桜だけが早い変化を楽しんでいる。

淡い揺らぎと光を生み出している。

その安らぎの中にいると、すっきりとしない状況も、もういいのかなと思えたりします。

今年は新しい憩いの場所を発見しました。

鳥の声と、桜吹雪が私を包む

桜色の優しい時間でした。

 

ただ数十分という時間の中でも、桜は変化が早い。

その変化を見て、時を感じる。

流れる川のように時間を紡ぐ。

すべての流れは、時間や縁、物事に繋がっている。

桜の近くにいると、数年前の桜を見ている自分に簡単にシンクロできます。

時間軸が分からなくなるくらい、過去と今はとても近い。

時間という流れの時系列は、実はあまり遠いものではなくて、今の自分に波長が合っている過去はすぐ隣にあり、今とかけ離れた過去の自分は、遠くに感じるもの。

時系列の中で、後悔していること、やり直したいことがあれば、桜の精に触れてみる。

時間そのものを戻すことや、経験という過去を変えることはできませんが、自分の中の時間を進めること、自分の意識を変えることはできます。

つまずいている過去に繋ぎ直して、その時点からを違う意識に変えることは叶うでしょう。

すべては意識から未来に繋がっている。

過去に気づくこと、目覚めることの大切さを桜の精は教えてくれます。

桜吹雪の中にいると、タイムスリップをしたようなまどろみに、自分の魂を感じる。

今年の桜は少し元気がないかなと感じていましたが、薄紅色の木々の隙間から降りる眩しい光りと、仰ぐ空に見る光の欠片…

その恩恵の中で、すべては生きようとしています。

目まぐるしく加速していく時の中で

地球も、国も、経済も、すべてが大きく変わろうとしている。

日本の四季も変化してきています。

そんな中で

美しく咲いてくれた桜と

白い光の精

愛おしい季節に

気がつけばもう 春の宵の音

 

今年も魅せてくれて   ありがとう…

神谷 奈月

新着記事

ブログ一覧