1. HOME
  2. 月と太陽暦のお知らせ
  3. 満月【月齢】

満月【月齢】

2021年6月25日

夏至からの初めての満月です。

満ちるエネルギーの強い満月となります。

私の星月よみは、西洋でいうサインと東洋での星座、それから暦、社会や年のエネルギーなど全体を考慮し、その時の波動を視て発信していきます。

満月期間  6月24日〜6月26日

満月は通常、満月と言われている日だけをイメージする方が多いかもしれませんが、満月を祝うお祭り、月占いなど、様々な場合で満月期とするのは、満月とその前後一日の三日間を指します。

満月のより強い氣の波動は、満月とされている日の前日の月です。

フルムーンパーティーなどは、前夜祭から始まり、その月を祝います。

満月前夜の月は、これから満ちる氣が強く、最も陽の氣が強い月です。

満月からは、新月に向かう氣が入り、陰の氣が混ざり始めます。

ですから、満月への祈りは、満月前夜が一番功力があるのです。

祈祷する時も同じ。

祈念は、最も陽の氣が強い時に行います。また、翌日の満月を祝い、感謝の意も込められています。

そういう意識で願うと、より月の光と同調できるでしょう。

月の光は太陽の光

夏至後の満月は、最も太陽のエネルギーが強い満月です。

6月の月は、苺の収穫期であることから、ストロベリームーンとも言われておりますが、夏至の月の満月の光は、太陽の氣が強いと考えれば、赤やオレンジ、ピンクの氣は吉を生じますね。

活動をしていこう、これから新しいことはじめよう、そういう氣を放つ人との繋がりや引き寄せを強めます。

そんな月の光の力を借りて、前向きに活動的に、実り豊かな夏を送れますように‼︎

 

 

今月の満月は強い風が吹き、強い火が起こる。

⚫︎自身の衝動が強くなり、決断した行動から大きな変化へと繋がり、予期せね展開となるかもしれません。

⚫︎他者からのアドバイスを大切にすること、また他者とのトラブルに気をつけましょう。

⚫︎古い考えに捉われすぎると、人間関係に争いが起きやすくなります。新しい変化、意識の転換を大切に。

本来の自分である魂に向き合い、新しいことへの変化を恐れず、行動に移すことで、新たな知恵や対価を授かることができるかもしれません。

 

✴︎曇り月の出ていない日でも、月の存在は変わることはなく、その引力はこの地球の自然や、私たちに影響を与えています。

曇った日は、光の恩恵は少なくなりますが、月の力は変わりなく、上記のことを意識してみて下さい。

 

皆様にとって、良き満月となりますように…

 

神谷 奈月